エンゲージリングでプロポーズする前に覚えておくべき情報

おすすめ婚約指輪

プロポーズの際に欠かせない物と言えば婚約指輪。

「結婚してください。」

その言葉と共に光り輝くエンゲージリングを渡される、映画のワンシーンのようなプロポーズを夢見ている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ婚約指輪を購入しようと思うと悩むことが多いのが事実。

どんなものを選んだら良いのか、そもそも婚約指輪は必要なのかどうか、頭を抱えている方もいらっしゃると思います。

そんな、エンゲージリングが選べなくて困っているというあなたのために、婚約指輪関連サイトを徹底的に調べ上げた私が婚約指輪選びをお手伝いさせていただきます。

こちらのページでは、婚約指輪の基本的な知識や相場、結婚指輪との違いやおすすめのブランドについて幅広い情報をご紹介していきます。

お二人にとって、一生の大切な思い出になるエンゲージリングを見つけていきましょう。





婚約指輪とは?

プロポーズの際に贈られるイメージが強いエンゲージリング。

しかし、結婚指輪があるのに婚約指輪は必要なのか、婚約指輪の存在そのものについて疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

そんな、婚約指輪についての知識が全くないというあなたのために、こちらでは婚約指輪の基礎知識からお伝えしていきます。


そもそも婚約指輪とは、結婚の約束をする際に記念として男性から女性へ贈られる指輪のことです。

男性から贈るということで、女性からは何もないのかと疑問を持たれるかもしれませんが、女性は婚約指輪のお返しをするマナーがあります。


この婚約指輪の始まりは、紀元前1世紀の古代ローマまで遡ります。

現在とは異なり、古代ローマでは結婚よりも婚約の方が重要とされていたそうです。 指輪は当時、その婚約の儀式で贈られていました。そして、その婚約指輪は形や素材の変化を遂げ、日本では高度経済成長期に普及したと言われています。


歴史的に見ると日本にその文化が普及してから間もない婚約指輪。
そんな婚約指輪ですが、日本では結納顔合わせの際に、婚約の記念品としてお披露目するのが理想です。


プロポーズで準備するという印象がありますが、絶対に必要ということではありません。
プロポーズ後、結納までに一緒に選びに行くというカップルも多くいます。

プロポーズ後に選びに行く場合に気をつけたいのが、婚約指輪を注文してから受け取るまでに1ヶ月から3ヶ月程度かかるということ。

結納までに慌てて準備するということがないよう、余裕を持って婚約指輪を選ぶようにしましょう。


また、婚約指輪を受け取った後、指にはめようと思った際にふと気づくことがあります。
それは、「右手と左手どちらにはめればいいのかわからない」ということ。

知っているようで意外とわからないのが婚約指輪をはめる指。では、婚約指輪はどこの指にはめれば良いのでしょうか。

それは、結婚指輪と同じ「左手の薬指」です。

ちなみに、左手は「信頼」、薬指は「愛情」を意味していると言われています。
結婚指輪を着けるまでは、婚約指輪も同じ左手の薬指にはめましょう。


これであなたも婚約指輪についての基本的な知識を得られたと思います。婚約指輪の基礎知識を得たところで、多くの方が今更聞きづらいと思っている婚約指輪と結婚指輪の違いをみていきましょう。


エンゲージリングとマリッジリングの違い

一般的に結納の際に渡される婚約指輪ですが、意外と結婚指輪と婚約指輪を混同してしまっている方が多くいます。

婚約指輪を探していたつもりが結婚指輪を見ていた、なんていうことも。

こちらでは、知らず知らずのうちに間違われている婚約指輪と結婚指輪の違いを5つのカテゴリーに分類して説明していきます。


@目的の違い

婚約指輪:婚約の「記念」として男性から女性へ贈られる
結婚指輪:2人の永遠の絆の「証」として男女ともに用意する

婚約指輪はあくまでも記念品であり、結婚指輪は結婚しているという証明という違いがあります。

A身につける人の違い

婚約指輪:女性のみ
結婚指輪:男性と女性両方

婚約指輪は女性のみが身につけますが、結婚指輪は男女ともに身につけるペアリングです。

Bデザインの違い

婚約指輪:派手でゴージャスなものが多く、誕生石やダイヤモンドなどがついている
結婚指輪:シンプルなものが多く、金やプラチナでできている

記念ということもあり婚約指輪は派手なデザインのものがスタンダード。それに対し、結婚指輪なシンプルなデザインのものが多いです。そのため、婚約指輪1つの価格は、結婚指輪の約2.8倍もするそう。

D身につけるシーンの違い

婚約指輪:パーティーや特別な日につける人が多い
結婚指輪:毎日つける人が多い

派手なデザインの婚約指輪はやはり特別なシーンで重宝しますが、普段使いをする人は少ないようです。あくまでも、婚約指輪は「記念品」となります。逆に、結婚指輪は結婚している「証」なので毎日つけるのが一般的です。

E購入する人の割合の違い

婚約指輪:結婚したカップルの約60%
結婚指輪:結婚したカップルの約97%

ほとんどのカップルが結婚指輪を購入しているのに対して、婚約指輪を購入するカップルはそれほど多くありません。結婚指輪があるから婚約指輪はいらないという女性も多いようです。


混同されてしまいがちな婚約指輪と結婚指輪ですが、このようにそれぞれの意味や購入する人の割合など、異なる要素がたくさんあります。

特に、価格に関しては、婚約指輪の方が結婚指輪よりも高い場合が多いということを知らない方もいたのではないでしょうか。

では、実際にどのくらいのお金を準備すれば良いのか、エンゲージリングの相場をご紹介します。


気になる婚約指輪の相場


意外にも結婚指輪よりも高価な婚約指輪。婚約指輪はダイヤモンドや誕生石などの宝石をあしらっている分、結婚指輪よりも相場が高くなっています。

では、一般的なエンゲージリングの相場はどれくらいなのか。

そんなあなたの疑問を解決するために、どれくらいの価格帯で婚約指輪を購入する人が多いのか婚約指輪の相場についてご説明します。


エンゲージリングの相場はズバリ、35万円前後

バラ付きはあるものの、各婚約指輪情報サイトのアンケート調査結果は約31万円〜37万円程度となっていました。

しかし、20代では10〜20万円の婚約指輪を購入する方の割合が高かったり、50万以上の指輪を購入している方もいてピンきり。

また、相場は35万円前後ですが、20万〜30万円で婚約指輪を購入している方が多いという情報もありました。

よく婚約指輪の相場は給料3ヶ月分と言われたものですが、実際は給料の1ヶ月分程度のようです。

このように、相場は約35万円となっていますが、相場はあくまでも相場。
お二人に見合った婚約指輪を納得いくまで相談して決めることが一番大切です。

とは言っても、婚約指輪が高価であるということに変わりはありません。奮発して購入する婚約指輪、せっかくなら女性が喜ぶものをプレゼントしてほしいですよね。

婚約指輪選びに失敗したくないというあなたに、続いて婚約指輪の代表的なブランドをご紹介していきます。


海外・国内別エンゲージリングおすすめブランド


婚約指輪は、婚約記念の形になる思い出
お二人にとって一生に一度の記念だから、価値ある婚約指輪を選びたいものです。

そんな時におすすめなのが、ブランドものの婚約指輪

しかし、婚約指輪にどんなブランドがあるのかわからない方もいると思います。

婚約指輪ブランドを知りたいというそんなあなたのために、海外おすすめブランド・国内おすすめブランドをまとめてご紹介します。


まずは、海外おすすめブランドから。

ティファニー Tiffany & Co.

エンゲージリングの代表的なブランドであり、女性なら誰もが憧れるブランドの1つ。
手が届く価格帯もあり、幅広い層におすすめ。

カルティエ Cartier

世界中の王族が愛用するブランドで、5大ジュエラーの1つ。
独創的で凝ったデザインは他のジュエラーのワンランク上を行きます。

ハリー・ウィンストン HARRY WINSTON

世界5大ジュエラーの1つで、世界中のセレブから愛されるブランド。
1つ1つのダイヤの個性を活かす技術で有名。

ラザール ダイヤモンド LAZARE DIAMOND

天才ダイヤモンドカッターが創業したブランド。
世界3大カッターズブランドの1つという定評があります。



続いて、国内おすすめブランド

ヨンドシーブライダル 4℃ BRIDAL

幅位広い価格帯で若い世代におすすめの国内ブランド。
品質の高さは他のブランドにも劣りません。

ケイ・ウノ K.uno

フルオーダーメイドで素材もデザインも思い通り。
世界に1つだけの婚約指輪がほしいという方におすすめ。

俄 NIWAKA

京都生まれということもあり、日本の美を活かしたデザインが特徴的。
着け心地の良さや劣化しない品質にもこだわりが。

ミキモト MIKIMOTO

日本を代表するジュエリーブランド。
ダイヤモンドのカット技術にこだわりがあり、輝きの強さが特徴的。
お手頃な値段だから幅広い層におすすめ。


代表的なおすすめ婚約指輪ブランドをご紹介しました。
気になる婚約指輪ブランドはありましたか?

婚約指輪は大切な記念品ですので、お好きなブランドから婚約指輪を選ぶのをおすすめします。

このように、ここでおすすめした婚約指輪ブランドだけでも、多くの種類がありました。

もしかしたら多すぎてどの婚約指輪ブランドが一番良いのか選べないという方もいるかもしれません。
そんなあなたのために、この中でも人気の婚約指輪ブランドランキングをご用意しました。


人気の婚約指輪ランキング

世界にも日本にもたくさんの婚約指輪ブランドがあるということをお伝えしました。

しかし、どのブランドが特に評価されているのか知りたいと思う方もいると思います。
そんなあなたのために、人気の婚約指輪ブランドをランキングにまとめました。


婚約指輪ランキング

ランキング1位 ティファニー Tiffany & Co.

いつの時代も世界中の女性が憧れる老舗ブランド

婚約指輪と言えばやはりTiffany & Co.。映画の1シーンのように、ティファニーの指輪を差し出されることを夢見ている女性も多いのではないでしょうか。 誰もが憧れるブランドでありながら、価格も231,000円からと手が届くところが多くの人から愛され続ける理由なようです。 女性らしいのに派手すぎないデザインも幅広い層から支持されています。


ランキング2位 カルティエ Cartier

「宝石商の王」王族気分を味わえる贅沢ブランド

Cartierと言えば、王室御用達のブランド。Cartierならではの個性的で豪華なデザインは、記念としての婚約指輪にぴったりです。 実際にはめた際にその美しさやバランスなど、長年受け継がれてきた職人技を実感できるはず。 ハイブランドながらシンプルなもので230,580円からと幅広い価格帯のためランキング2位に。


ランキング3位 ミキモト MIKIMOTO

世界も認めたジャパニーズクオリティは国内婚約指輪ブランドの定番

その高い技術と品質が評価され、世界のトップジュエラーとも肩を並べるMIKIMOTO。MIKIMOTO独自の厳しい判断基準で選び抜かれたダイヤモンドには定評があります。 世界レベルの婚約指輪が200,000円から手に入るのはMIKIMOTOだけということでランキング3位となりました。


ランキング4位 ヨンドシーブライダル 4℃ BRIDAL

若い層から圧倒的な支持を得る国内ブランド

デザインの豊富さとお手頃な価格が特徴の4℃ BRIDAL。 160,000円からという商品ラインナップで、ブランド物の婚約指輪になかなか手が出しづらいという若い層にもおすすめということでランキング4位に。その品質は決してトップジュエラーに引けをとりません。


ランキング5位 ハリー・ウィンストン HARRY WINSTON

「King of Diamond」洗練されたダイヤモンド

各国の王族やセレブたちから愛されるハイブランドと言えば、HARRY WINSTON。それぞれのダイヤモンドの個性を引き出すように作られた独創性溢れるデザインは唯一無二。 950,400円からとお高めですが、そのデザイン性の高さからランキング5位となりました。


人気婚約指輪ランキング、いかがでしたか?

ランキングをまとめると、やはり海外の婚約指輪ブランドはデザイン性やネームバリューが高い分、価格も高めの設定になっていました。反対に、国内婚約指輪ブランドは手頃さと品質の高さが特徴です。




このように、婚約指輪のさまざまな情報をお伝えしてきました。
こちらの情報が、少しでもお二人の婚約指輪選びのお役に立てれば幸いです。

一生ものの婚約指輪ですから、お値段やブランド、デザインなどをしっかりと検討した上で、お二人にとって最高の婚約指輪を見つけていってくださいませ。